HOME > 司法書士コラム > アーカイブ > 2013年11月アーカイブ

司法書士コラム 2013年11月アーカイブ

貸金業者等による大量提訴事件

日本司法書士会連合会が、司法書士会員向けに、標記の件についての対応方法の周知徹底を求めています。

その内容は……
近時、貸金業者又は債権回収会社が、東京や大阪などの大都市部の簡易裁判所に日本全国の借主を被告とする貸金請求訴訟又は譲受債権請求訴訟を大量に提訴しているというもので、その中には時効期間を経過している案件も相当数あるとのこと。

貸金の消滅時効(貸主が貸金業者の場合)については、最終の取引日から5年を経過すると時効が成立します。ただし、裁判を起こされ、債務名義(判決や和解調書等)が存在するとその期間は10年になります。
上記の期間を経過していれば時効を主張して債務の支払を免れることができますが、時効期間が経過した後に提訴され、判決をとられてしまうと、再び支払義務が生じます。裁判を起こされても冷静に対処し、裁判上で時効の援用の主張をすることが大切です。

時効期間が経過していれば、事実上支払う必要のないものです。
裁判所から訴状が届いた場合にそれを無視すると判決が確定し、残元金のみならず高利率の遅延損害金も支払義務が残るため非常に危険です。

裁判所から過去の債務について訴状が届いた場合、早急にお近くの弁護士・司法書士にご相談下さい。時効の主張で解決できるのであれば、手続費用は安いと思いますよ。

柳井簡易裁判所へ

約3年ぶりに仕事で柳井の裁判所へ行きました。
裁判所がプレハブになっていました。
どうやら庁舎を建て直すまでの仮庁舎のようです。

片道1時間15分。口頭弁論は2分くらいで終わりました………。

00003.jpg

登記簿に残っている古い権利

以前にも書きましたが、登記簿に古い抵当権等の権利が登記されているケースがあります。
相続登記の依頼を受けた場合、本来は相続による所有権移転登記をするのですが、司法書士としてはどうしても抵当権等の権利も気になります。

依頼者にお聞きすると、大抵はすでに弁済により抵当権の効力はないとか、金融機関から抵当権の抹消の書類を受領されている方もおられます。

このような場合は、必ず抵当権等の抹消登記をされることをお勧めします。
確かに相続登記以外に別途費用がかかりますが、権利を放置すると、抹消が困難になり、将来的にさらに費用がかかったり、相続人に迷惑をかけることにもなります。
(中には長期間放置したことにより、抵当権者が会社清算等で消滅していることもあり、とても厄介なケースもあります。)

ただし、費用の問題もありますので、すべての登記手続を強制するわけではありません。

ご不明な点はお気軽にお尋ねください。

車の運転

今日は、アキレス腱の手術をしてから初めて防府・山口間を運転して往復しました。
まだ万全ではないので、さすがに足が痛くなりました。ブレーキもほぼ問題なく踏めるですが、念のため車間距離はかなり空けています。なお、主治医から運転の許可は出ています。
(長距離は事務の人に運転してもらおうかな……。)

歩行はまだぎこちないですが、概ね問題ありません。
しかし、階段が問題です。上りはいいのですが、下りが難しいです。左足を下ろすと右足のアキレス腱が突っ張るので、普通に降りることはできません。エレベーターがあれば必ず利用します。

普段当たり前にできることができないのはもどかしいですが、逆に足の不自由な人がおられたら道を譲ったり声をかけたりするようにもなりました。これはこれで収穫だと思います。

現在は、仕事の合間を縫って週3回のリハビリに通っていますが、早く完治することを祈るばかりです。

控訴審での新主張

過払金の裁判で、一審ではこちらの請求がすべて認められましたが、相手方が判決に不服で控訴していた件がありました。

先日、控訴審第1回目の裁判があったのですが、その期日の直前に相手方が新しい主張をしてきましたので、「時機に遅れた攻撃防御方法」の提出だとして民事訴訟法157条に基づき却下するように申立てをし、予備的に反論をしたところ、控訴審は第1回目の期日で即日結審しました。

おそらく、この主張は全く取り上げられないか、証拠の提出がないために棄却されるものと思われますが、民事訴訟法156条には「攻撃又は防御の方法は、訴訟の進行状況に応じ適切な時期に提出しなければならない。」と規定していることから、控訴審期日の直前に新主張をしたとしても、裁判所の印象は相当に悪いものと思われます。

ところで、民事訴訟法156条の記載は「時期」ですが、同法157条は「時機」です。漢字が違うのですが、後で準備書面を見直したところ、両方、「時期」で変換されており、恥ずかしい思いをしました……。漢字の変換ミスと言えども、裁判所には根本を理解していないと思われかねないので、猛省した次第です。

無料法律相談

防府市では、防府市主催(月1回)と社会福祉協議会主催(司法書士相談は月2回)の無料法律相談会を行っています。
私も両相談会に定期的に相談員として参加させていただいています。

司法書士が担当する相談内容としては相続関係のものが非常に多いです。
「司法書士」といえば「相続」というイメージが大きいのでしょうか。でもそういった評価があるとすれば、専門家としては嬉しいことです。他の分野でももっと司法書士が認知されるようになればいいなと思います。

それから、当日の相談会ではなかなかお答えできないこともあります。
例えば不動産の権利書や、相続に関する戸籍一式を持参され、具体的な登記申請書の作成等の手続方法や書類の不備がないかチェックしてほしいとお願いされるような場合です。
このような場合、無料相談会はあくまで無料でお答えできる範囲になりますし、次の相談者がお待ちですので時間も限られています。実際には、上記のようなご相談にはあまり突っ込んでお答えはできません。具体的資料に基づく相談は無料相談の範囲を超えていますし、持参された書類を精査し、よく検討してからお答えしないと間違ったことをお伝えする可能性もあるからです。
ただし、一般的なことをお伝えする程度のことはできますので、具体的なことは、後日、市内の司法書士事務所をお訪ねになるようお願いしています。

無料法律相談会は、すべてを解決する場所ではなく、解決のための橋渡しができれば、私としてはまずは成功だと考えています。

Adobe製品

Adobeの製品で最も有名なのは無料のAcrobat Readerだと思います。

私はこれまでAdobe製品(有料ソフト)の中で購入したことがあるものはAcrobat Standard 8.0のみです。しかも、業務用パソコンの購入時にセットで付属していたものです。

この度、初めてPhotoshop Elements11とPremiere Elements11(ver.12に無償アップデート特典付)を購入しました。
Amazon.co.jpで期間限定で表示価格から15%割引かつ1,000円のクーポンがあったので比較的安く手に入りました。

プロであればPhotoshop等を購入されるのでしょうけれど、何せ高価だし、私のようなド素人にはElementsで十分です。
早速インストールして使用してみましたが、手軽に写真の加工ができ、機能も十分です。

ただし、付属のマニュアルは使用に耐えないものなので、全機能を使いこなすには書籍の購入が必須のようです。

年賀状の印刷

11月に入り、年賀状の販売が開始されました。
私もすでに注文をしていましたので、本日帰宅したら年賀状が届いていました。

毎年早めに印刷に取り掛からなければ、と思っているのですがついつい後回しに。
皆さんはそのような経験はありませんか?(もしかして毎年そうですか?)

仕事があるとなかなか時間が取れないので、今年は印刷会社に頼もうかなと考える、今日この頃です。

1

« 2013年10月 | メインページ | アーカイブ | 2013年12月 »

このページのトップへ