HOME > 司法書士コラム > アーカイブ > 2014年2月アーカイブ

司法書士コラム 2014年2月アーカイブ

自宅用パソコンのアップグレード

山口での研修会の帰りにパソコン工房に寄り、1TBのハードディスクを購入してきました。
自宅のパソコンのハードディスクを増設するためです。

Windows7をインストールしたCドライブの120GBのSSDが、何も考えずいろいろなプログラムをインストールしており、残りの容量が10GBを切ったためです。
これまで、前PCから引き継いだハードディスク500GB(パーテーションを100GBと400GBに区切ったDとEドライブ)のパーテーションを結合し、これをDドライブとし、プログラムのインストールは主にこのドライブに集約することにしました。
増設した1TBのハードディスクはEドライブとし、主にデータを保存する用途にしました。

これによりCドライブの空き容量が一気に55GBまで増えました。
最初からよく考えていればこのようなことにはならなかったのですが、ハードディスクの中身を久々に整理するとすっきりします。

それにしてもハードディスクも安くなりましたね。

成年後見人就任時の事務

家庭裁判所から成年後見人に選任され、選任の審判が確定したら、そこから1か月以内に財産調査をして財産目録等を裁判所へ提出しなければなりません。

同時進行で役所への届出、銀行への届出、公共料金の取扱の検討、本人や協力者との面会や施設への訪問、不動産の調査、等々、やることがたくさんあり整理をしないと混乱します。
他の仕事もしながら1か月の期間ですべてのことを完了するのは大変です。

そこで、この度、事務処理を正確に行うために、事務所用の成年後見人就任時のチェックリストを作成しました。
大事な財産を適正に管理していかなければなりませんので、正確かつ迅速に就任時の事務を完了したいものです。

【書評】永遠の0

話題になっている百田尚樹さんの「永遠の0」を2回読み、本日、映画1,000円デーだったので、映画も観てきました。

小説の方は、とても良い内容です。
ゼロ戦パイロットの宮部久蔵の生き様を、現代の若者(孫)が当時の同僚達にインタビューをして解き明かしいくというものですが、戦闘の描写も素晴らしいし、過去から現在に繋がる物語も素晴らしいです。
また、著者のマスコミへの痛烈な批判も介在していると思われ、そのような部分も実に興味深い。そして、祖父の生き様を知ることで、孫が自分にも祖父の血が流れていることを再認識し自信を取り戻す。すべてを語り切れませんが、一読の価値はあります。

さて、映画の方ですが、こちらも素晴らしいのですが、小説を読んだ後では少し物足りなさを感じます。
文字を映像にするということは大変な作業ですね。

1

« 2014年1月 | メインページ | アーカイブ | 2014年3月 »

このページのトップへ