HOME > 司法書士コラム > 雑感 > 最近の業務内容

司法書士コラム

< 複雑な相続手続が解決!  |  一覧へ戻る  |  過払金の業者別の対応 >

最近の業務内容

司法書士の仕事は非常に広範囲に及びます。

現在継続中の案件だけでも、不動産の売買(登記)、担保権設定・抹消(登記)、相続(登記)、遺言、成年後見(申立書作成、後見人就任)、破産個人再生、過払訴訟、任意整理、債権回収、時効援用手続……等々、様々な業務をしています。
しかもこれらはすべて同時進行です。

今月後半は破産個人再生の申立てが複数控えていますので、書類のチェックも大変です。
ミスをすると、それがそのまま顧客に跳ね返りますので、細心の注意を払っています。

大変ですがとてもやりがいのある仕事ですし、一つの事件が解決すると、充実感も得られます。

試験合格から、事務所勤務、開業、そして現在に至りますが、初心を忘れずに仕事に全力投球したいと思います。

カテゴリ:

< 複雑な相続手続が解決!  |  一覧へ戻る  |  過払金の業者別の対応 >

同じカテゴリの記事

支部総会

山口支部の支部総会が終わりました。
私は支部長をさせていただいていますので、結構大変でしたが、何とか無事に終わりほっとしています。

今までこんな大役は人生で一度も経験がありませんが、資料の作成・会場の手配から当日の議案の説明・質疑への応答など、やってみると勉強になることばかりでした。
皆さんの意見を集約し、支部がより良い方向へ向かうよう活動をしていきたいと思います。

今回、支部総会でいろいろな人の意見に耳を傾けてみると、普段は自分では気付かないことが明らかになり、視野が広くなったように感じることができました。
質問をされた方々には感謝をしなければなりません。
このような経験をこれからの業務にも積極的に活かしていきたいです。

支部総会の準備

私は現在、司法書士会山口支部の支部長をさせていただいていますので、最近は支部総会の準備で忙しいです。

何と言っても慣れないことをしているため、勝手が分かりませんが、かなり自己流で物事を進めているような気がします。
しかし、こういったことをしていると、普段の業務において壁にぶち当たっても、それを突破する力が身につきそうで、いいこともたくさんあると最近では思うようになってきました。

私にとっては大役ですが、最後まで務めたいと思っています。
任期は残り1年ちょっとです。

消費税8%に増税

ホームページの報酬規程の表示が旧来のままだったので、消費税を8%で再計算して反映させました。

今回の増税では、一定の要件の元に、外税表示が認められているそうです。
スーパーの広告などを見ると確かに、本体価格と税込み価格を分けて記載してあります。(しかも税込み価格の方は小さく書いてある広告が多い。)
つまり、これは外税表示を認めることにより、案外価格が低い印象を与え、増税による批判を免れるための方策のように思えてなりません。

まあ、それにしても4月1日以降、なるべく買い物を控えようと考えるようになりました。

自宅用パソコンのアップグレード

山口での研修会の帰りにパソコン工房に寄り、1TBのハードディスクを購入してきました。
自宅のパソコンのハードディスクを増設するためです。

Windows7をインストールしたCドライブの120GBのSSDが、何も考えずいろいろなプログラムをインストールしており、残りの容量が10GBを切ったためです。
これまで、前PCから引き継いだハードディスク500GB(パーテーションを100GBと400GBに区切ったDとEドライブ)のパーテーションを結合し、これをDドライブとし、プログラムのインストールは主にこのドライブに集約することにしました。
増設した1TBのハードディスクはEドライブとし、主にデータを保存する用途にしました。

これによりCドライブの空き容量が一気に55GBまで増えました。
最初からよく考えていればこのようなことにはならなかったのですが、ハードディスクの中身を久々に整理するとすっきりします。

それにしてもハードディスクも安くなりましたね。

依頼者との連絡

私はメールをフル活用して依頼者の方と連絡を取っています。

事務所に送られてきたメールは、サーバー上で同じものがコピーされ、自宅のパソコンにも届くようにしています。
これにより、事務所から自宅に帰っても、また、休みの日でもメールを確認することができるので、問い合わせにも即時に対応することができます。

ただし、自宅にいてもパソコンの前にいない場合は即時に返答することはできません。
いつでも常に仕事から離れることができない状況を自分自身で作っているような気もするので少し考えものですが、このやり方は自分の性に合っているようです。

このページのトップへ