HOME > 司法書士コラム > アーカイブ > 債務整理: 2014年6月アーカイブ

司法書士コラム 債務整理: 2014年6月アーカイブ

過払金の業者別の対応

過払金の請求はピーク時(平成19~24年頃)に比べると大幅に減少していますが、今でもたまに依頼があります。

業者によって対応もほぼ決まっており、任意の話し合いで解決できる会社もあれば、訴訟をしないと満足のいく金額が回収できない会社もあります。

最高裁の判例もほぼ出揃っていますので、対応に著しく苦慮することは少ないですが、訴訟で時間がかかることもあります。
過払金は満額を返還してもらうべきです。しかし、一部の業者からは激しく抵抗され、
「満額を請求するのは本当に依頼者が望んでいるのですか」
「(過払金を必要とする)どのような事情があるのですか」
と強く言われますが、意味のない議論です。理由にかかわらず余分に払い過ぎたものを全額返還してもらえればそれでいいのです。

先日は、このようなことも言われました。
「社債の償還を年利8%でしないといけないんです。これがどれほど大変なことか分かりますか!」
では、違法利率の20~30%で返済を続けていた個人の債務者がどれほど大変な生活を送っていたか容易に想像がつくはずで、すぐに過払金を返してもらいたいのですが……。

裁判などせずとも、自ら進んで過払金が返還されるようになる日が早く来ないものでしょうか。

1

« 債務整理: 2014年5月 | メインページ | アーカイブ | 債務整理: 2014年7月 »

このページのトップへ