HOME > 司法書士コラム

司法書士コラム

個人再生のススメ

多重債務に陥り、借金が支払えなくなった場合、ご相談後に利息制限法所定の利率で再計算(引き直し計算)し、債務を確定させてから具体的な方針を決めることになります。

引き直し計算後も100万円を大幅に超えるような債務が残った場合、個人再生手続を利用することがあります。
個人再生手続は500万円以内の債務であれば100万円まで圧縮することができ(ただし、保有財産の価値以上の弁済が必要)、かつ、分割弁済に応じない債権者であっても、法律上強制的に分割弁済にさせることが可能です。
特に、最近始められた取引では最初から法定利率内の取引のため、債務の圧縮や過払金の発生も見込めず、債権者によっては分割弁済に応じないばかりか、債務整理の開始によっていきなり裁判を起こされて残債務の支払を強制されることもあります。
このような場合は、個人再生手続が最適といえます。(破産という選択肢もあります。)

当事務所では、これまで多数の個人再生事件を手掛けてきましたので、この分野では自信をもっておりますし、裁判所との連絡もスムーズに進んでいます。
(なお、事案によって、個人再生手続が困難となる場合もあります。)

相続登記と関連する他の登記

不動産の相続登記のご依頼をいただいた場合、司法書士としてはまず対象不動産の登記事項(登記簿)を取得して、権利関係を確認します。

登記事項の調査により、実はさらに先代名義の不動産が存在し、それらの不動産も相続登記の対象になることもあります。

それ以外にも、不動産にすでに完済済みの被担保債権を担保する抵当権等の権利が付着している場合があり、これらの権利の抹消登記をすることもあります。

相続登記時にこれらの権利に気付いた場合、せっかくですから同時に手続を依頼されることをお勧めしています。確かに費用は少しプラスされますが、少しでも権利関係を簡明にしておいた方が後々良いと思います。
将来、不動産を担保に住宅ローンを組むときには、銀行の融資の関係で先順位の担保権は抹消しなければなりませんし、先代名義の不動産であれば、現在の相続人名義に所有権を移転しなければなりませんので、結局は今手続をした方が良いのです。
処理が遅れるほど相続登記であれば相続人が増えて協議が困難になりますし、担保権の抹消も困難になります。

ご不明な点は依頼される司法書士に何でもご質問されると良いでしょう。

成年後見人候補者

成年後見開始の申立てについての注意事項です。

成年後見開始の申立書には「後見人候補者」を記載する欄があります。
申立書類一式は家庭裁判所に行けばもらうことができますが、ご自身(被後見人以外の申立人)で記入をされる場合、通常、被後見人(本人)は親族であることが多く(例えば親など)、申立人自身が後見人になり、財産を管理していくことを想定されていることも多いと思われます。

そのような場合、当然に「後見人候補者」欄に自分自身を記入することになりますが、「後見人」を選任するのは家庭裁判所ですから、必ずしもご自身が後見人に就任することができるとは限りません。特に、一定以上の財産があるような場合や、親族間で紛争性があるような場合は、第三者(例えば弁護士や司法書士)が選任されることもあります。

一般に、弁護士や司法書士が選任された場合は、報酬付与の申立てにより報酬が発生します。報酬は被後見人(本人)の財産の中から支払われますが、当初から第三者が選任されること自体想定されておらず、報酬が付与されることを良く思われない方もおられます。

しかし、成年後見開始の申立てをした場合、第三者が選任されそうになったとしても、途中で取り下げることは家庭裁判所の許可無くしてすることはできません(家事事件手続法121条)。後見制度は公益的な側面もあり、いずれにしても本人の財産は誰かが管理しなければならないからです。

以上のことを正確に把握され、成年後見制度を利用する必要があると思います。
ただし、これらのことを理由に成年後見開始の申立てを躊躇することは、制度上は好ましくないでしょう。

遺言や遺産分割協議書の文言

相続に関するご相談は定期的にいただいております。

その中で、ご自身でかなりの部分を進められていることがありますが、司法書士として気になるのは、遺言遺産分割協議書をすでに作成されている場合で、その記載内容に問題がないかということです。

最近では、インターネットの普及により、それらの書式は簡単に見つかります。しかしながら、余程注意して作成しないと、せっかく作成したのに、その書類では手続ができないことがあります。
特に、遺言は法律で形式が厳格に定められていますので、一部の記載ミスにより、全体が無効となり、すべての手続ができなくなることがあります。生前の自分の意思が死後に反映されないのはとても残念なことです。
遺言はご自身で作成されるものより、公正証書で作成されることをお勧めしています。公正証書は、公証人が関与しますので、ミスが発生する余地がありません。

遺産分割協議書も同様で、記載の内容によっては疑義が生じるものも散見されます。
相続人全員の印鑑をもらう前に、司法書士等の専門家に「内容が問題ないか」見てもらうと確実かと思います。
(若干の相談料はかかるかもしれませんが、後日の紛争を回避することができ、手続も適正に進められると考えると、決して高くはないと思いますよ。)

リハビリを開始しました。

本日からリハビリを開始しました。

思えば、9/7にアキレス腱を切り、9/11から入院、9/12に手術、9/16退院、9/24抜糸と長かったようでまだ3週間しか経っていません。私としてはかなり長い期間だったと思ったのですが、本日病院に行ったら先生から、「これからのリハビリの方が長い」と言われ、半分治ったような気分になっていたのですが、一気に現実に引き戻されました。

本日のリハビリでは、装具を付けて体重の2分の1の荷重をかけるところまで進みましたが、これまで右足をまったく地につけていなかったので、結構不安でした。少しずつ回復し、元通り歩けるように頑張りたいです。

装具は踵の部分が4段階で上げ底になっていて、リハビリが進むごとに1段ずつ低く調整され、最終的に何も付けないでも歩けるように調整されるそうです。

00002.jpg

手術後の抜糸

アキレス腱の縫合手術から12日目ですが、本日ようやく抜糸をしました。
でもまだ写真のようなシーネと包帯でグルグル巻きです。
右足首は爪先を下に下げた状態で固定。この状態ではアキレス腱の部分が縮まるために切れた箇所がくっつきやすいそうです。

今週の金曜日からはリハビリを開始します。

ところで、寝るときは右足を上げておかないといけないので、病院で購入したブロックマットという物の上に足を載せるのですが、その状態で寝ると腰がかなり痛くなり早く目が覚めます。
病院で看護師さんに聞いたら、そのようなものらしいので、どうにか改善できないものでしょうか。これが安眠できない一番の理由です。

00001.jpg

「法の日記念無料法律相談会」を実施します。

山口県司法書士会山口支部では、9月28日(土)に「法の日記念無料法律相談会」を実施します。
会場は次の2会場です。

・山口県労働者福祉文化中央会館(山口市・エフエム山口入り口)
・サンライフ防府(防府市・ゆめタウン防府向かい)

受付時間はいずれも9:30~15:30です。
事前の予約は不要です。


山口県司法書士会山口支部所属の司法書士が直接相談に当たります。
年に一度の大規模な相談会ですので、是非お越しください。

なお、他の支部でも下記の日程で同様に相談会を実施していますので、お気軽にお越しください。
日      時 場      所
10月1日(火) 9:00~15:00 下関市役所 1階ロビー
 下関市南部町1番1号
10月5日(土) 10:00~15:00 周南市市民館
 周南市岐山通1番4号
10:00~15:00 萩市総合福祉センター 2階 第2会議室
 萩市大字江向356番地3
10:00~15:00 長門市中央公民館 会議室1
 長門市東深川1326番地6
9:00~15:00 フジグラン宇部 1階
 宇部市明神町3丁目1番1号
10月8日(火) 10:00~15:00 柳井市文化福祉会館
 柳井市柳井3718番地

手術をしました。

私事ですが、右脚のアキレス腱断裂のため、この度手術をし、本日退院しました。

手術は初めての経験で、緊張感というよりも好奇心の方が大きく、手術室もドラマで見るような丸いライト等があり、不謹慎ながら少々感動しました。
手術中は、バックで軽快な音楽が流れており、下半身麻酔のため意識があるので、麻酔医の先生や看護師の方々と談笑をしながら約1時間半で終わりました。

執刀された先生及びスタッフの方々には敬意を表するとともに、感謝をしています。

しばらくは車の運転もできず、リハビリをしながらの司法書士業務となりますが、とても良い経験をしたと思っています。

Webサイトをリニューアルいたしました。

今後とも、松村司法書士事務所をどうぞよろしくお願いいたします。

<<前のページへ12345678

アーカイブ

このページのトップへ