HOME > 用語集 > あ行 > 悪意の受益者

用語集

一覧へ戻る  |  過払金 >

悪意の受益者

「悪意」とは、法律上、知っていたということ。主に、貸金業者がみなし弁済の適用がないことを知って、利息制限法超過利息を収受している事実を指すことが多い。悪意の受益者であるとの推定を覆すためには、貸金業者側が特段の事情があることを立証しなければならない。

一覧へ戻る  |  過払金 >

カテゴリ:

このページのトップへ