HOME > 用語集 > か行 > 擬制陳述

用語集

< 金銭消費貸借  |  一覧へ戻る  |  続行期日 >

擬制陳述

民事訴訟において、被告が答弁書を事前に裁判所に提出しておくと、裁判当日に答弁書を陳述したものと扱われる制度。これにより、被告は第1回期日に欠席しても裁判は直ちに結審せず、通常は続行期日が指定される。
なお、簡易裁判所では、第2回目以降の期日でも準備書面等を擬制陳述することもできるが、地方裁判所以上の上級審ではこの制度の適用はない。

< 金銭消費貸借  |  一覧へ戻る  |  続行期日 >

カテゴリ:

このページのトップへ