HOME > 用語集 > た行 > 特別受益

用語集

< 寄与分  |  一覧へ戻る  |  後見制度支援信託 >

特別受益

被相続人から生前贈与や遺贈を受けている者がいる場合、その者に法定相続分に従って遺産を分割したのでは公平を欠くことになるため、生前贈与や遺贈された部分を相続財産に加算し(持戻し)、みなし相続財産として遺産分割の際に考慮される制度。
なお、生前贈与や遺贈された財産が自身の相続分を超過していても、他の相続人に対して超過部分を返還するする必要はない。

< 寄与分  |  一覧へ戻る  |  後見制度支援信託 >

カテゴリ:

このページのトップへ